カプサイシンの効果

唐辛子に含まれている、辛味成分「カプサイシン」は、体内に吸収されると、アドレナリンの分泌を活発にし、発汗を促進します。
そして、ダイエットや美肌の効果を期待することができます。

カプサイシンは、唐辛子に含まれている「アルカロイド」という、辛味成分の1つです。
カプサイシンは、無色で脂溶性の結晶で、アルコールに溶かすことができますが、冷水にはあまり溶かすことができません。
また、痛覚神経を刺激することで、局所刺激の作用があったり、辛味を感じたりします。

カプサイシンが、体内に吸収されると、脳に運ばれ、内臓感覚神経に対して働きます。
そして、副腎から分泌される「アドレナリン」を活発にさせて、発汗を促進させます。

カプサイシンは、料理にかかる時間が長かったり、冷凍したりしても、辛味を保有します。
また、寒かったり、熱かったりしても、形が変化することがありません。
このように、カプサイシンは、非常に強力で、安定感のあるアルカロイドなのです。

カプサイシンは、唐辛子の辛味を作り出す成分です。
唐辛子を食べると、体が暑くなってくるのは、このカプサイシンによる作用です。
唐辛子には、体を温める作用、殺菌作用、胃を健康に保つ作用などについて古くから注目されていました。
カプサイシンを摂取すると、すぐに体が熱くなってきたり、汗が出てきたりします。
つまり、脂肪が燃焼しているということです。
そのため、カプサイシンを摂取することで、ダイエットの効果を期待することができます。

「カプサイシンダイエット」について

「カプサイシンダイエット」の方法は、カプサイシンを多く含んでいる食材や食品を、毎食、または毎日食べます。

このダイエットに最もおすすめなのが、「キムチ」です。
キムチには、たくさんの唐辛子が入っています。
また、ニンニクには、「アリシン」という成分が含まれており、糖質をエネルギーへと変えやすくする働きがあります。
さらに、白菜には、豊富に食物繊維を含んでいます。
キムチは、ご飯や麺類など、さまざまな食材と合います
特に、納豆などの大豆食品と組み合わせることで、より大きな効果を期待できます。

そばやうどん、牛丼を食べる時に、「七味唐辛子」をたくさんかければ、カプサイシンを豊富に摂取することができます。

ピーマンやしし唐も、唐辛子の一種なのですが、あまりカプサイシンを含んでいないので、残念ながら、ダイエットの効果も期待できません。
そこで、しし唐の代わりとして、「青トウガラシ」を焼いて食べましょう。
かなり辛いものもありますが、結構おいしいですよ。

カプサイシンを錠剤にして、摂取しやすくした「サプリメント」も売られています。
唐辛子の辛さが苦手な人には、おすすめです。

ただし、カプサイシンダイエットには、問題点もあります。
カプサイシンには、食欲を増進させてしまう作用もあります。
極端に食事の量を減らす必要はありませんが、普段よりも食べてしまっては、ダイエットの効果はなくなってしまいます。
また、カプサイシンを摂取し過ぎると、ガンの発生を誘発させてしまうと言われています。

カプサイシンの育毛効果

カプサイシンは、「イソフラボン」と一緒に摂取すると、抜け毛の予防や発毛の促進など、育毛に対して効果が現れます。
現在、改善が難しい脱毛の1つである、M字型の脱毛症に、特に効果があると言われています。

基本的に、脱毛は、頭のサイドからではなくて、ドップから始まる場合が多いようです。
そこで、脱毛症の人を対象として、サイドの頭皮と、トップの頭皮の温度を測定する実験が行われました。
そこでわかったのが、トップの頭皮温度の方が低いということです。
つまり、トップは、血行が悪く、脱毛につながることになります。

そこで、登場するのが、「カプサイシン」です。
カプサイシンを摂取することで、血液の循環が良くなり、頭皮温度も上がってきます。
その結果、育毛に必要となる栄養素が、頭皮へ運ばれて、脱毛の改善へつながるのです。

研究の結果でも、カプサイシンと同時に「イソフラボン」を摂取すると、とても高い確率で、育毛の効果が現れることがわかっています。

髪の毛をつくる「毛母細胞」は、ペプチド「IGF-1」により、盛んに分裂したり増殖したりします。
また、カプサイシンとイソフラボンは、IGF-1を増やす働きがあることがわかっています。

研究では、30人中20人以上に、育毛効果が認められました。
特に、「若年性円形脱毛症」に関しては、目に見える改善を確認することができました。
このことは、若い年齢、時として「思春期」には、IGF-1の値が高くなるためです。

育毛効果のある、カプサイシン由来のサプリメントを摂取する際は、イソフラボンを意識して摂取すると良いでしょう。

世界の唐辛子料理

カプサイシンには、ダイエットや美肌、育毛などに効果的だと言われています。
そんな偉大なるパワーをもつのが「唐辛子」ですが、世界の国々では古くから、さまざまな料理に唐辛子を取り入れてきました。

例えば、中国を代表する四川料理では、「豆板醤」という唐辛子のたっぷり入った調味料を、さまざまな料理に使用しています。
韓国においては、唐辛子調味料の「コチュジャン」や、代表的な料理「キムチ」などに、豊富に取り入れています。キムチは、カプサイシンがもつ、“防腐作用”を利用することで編み出された、とても優れた食品です。
中国も韓国も、体を寒さから守るために、唐辛子を利用したのです。

一方、スパイス王国といわれるインド、中でも南インドや、唐辛子の原産地メキシコなどにおいては、唐辛子を暑さ対策の目的で用いられています。
暑いときに辛い料理を食べることで、汗がたくさん出ます。
そして、その汗が蒸発することによって、熱が奪われ体温が下がるのです。

また、その他にも、パスタなどのイタリア料理や、カレーやスープなどのエスニック料理などにも、うまみを引き出すために、唐辛子は欠かすことのできない存在なのです。
日本にも、古くから、「七味唐辛子」や「一味唐辛子」がありますが、薬味程度にしか使用されてきませんでした。
日本の食生活にも、意識的に、唐辛子によるカプサイシンのパワーを取り入れることで、体の内と外に、良い変化がみられるかもしれません。

カプサイシン摂取の注意点

カプサイシンを摂取するには、唐辛子を積極的に摂ればいいのですが、脂肪を燃焼させる効果を期待して、唐辛子を食べ過ぎてはいけません。

検査によると、激辛料理を食べると、舌の味覚反応が、大幅に低下してしまうそうです。
また、極端に辛い食べ物を食べ続けていると、「味蕾(みらい)」という、味を感じる器官が麻痺して、味覚障害になってしまう恐れもあります。
そうなると、濃い味つけの料理でないと、物足りなく感じるようになってしまいます。

また、より唐辛子を摂り続けていると、カプサイシンの分解能力が高まって、脂肪の燃焼効果が低下してしまったり、胃壁が荒れてしまったりする可能性があります。
特に、胃腸の弱い人や痔の人は、要注意ですので控えめにしてください。

胃腸の弱い人や辛味が苦手な人は、粉末状の唐辛子や刻んだ鷹の爪を、香辛料や薬味として使用したり、ラー油や豆板醤、タバスコなどの唐辛子が入った調味料を、料理にうまく取り入れたりして、カプサイシンを摂取するのが良いでしょう。

唐辛子を1回に使用する量は、粉末唐辛子の場合は1/4杯、鷹の爪の場合は1本、豆板醤やコチュジャンなどの唐辛子調味料は小さじ1杯程度が適量と言われています。

また、上手にカプサイシンを利用すると、塩分の摂取量を減らすこともできます。
カプサイシンを取り入れることで、塩分控えめの料理でも、濃い味に感じられます。
ダイエット中の人や高血圧の人には、うれしい作用ですね。

唐辛子の食べ方

唐辛子を、毎食の料理に加えることは、かなり困難だと思います。
そこで、おすすめなのが、手軽に食べることができる「常備菜」です。
また、味噌汁や煮物、酢の物に、一振りかけるのも、食べやすいです。
さらに、辛さによって、塩加減を控えめにすることも可能です。
塩分を控えることによって、むくみの防止にもつながるので、いつもの料理に、ぜひ唐辛子を取り入れるようにしてください。

唐辛子が合う料理というと、あまり思いつかないかもしれません。
でも、そんなに型にはまらなくても、唐辛子は、結構いろんなものと相性が良いのです。

ポン酢に、唐辛子を一振りするだけで、風味が良くなります。
マヨネーズに、唐辛子を混ぜれば、サラダにとてもよく合います。
また、ケチャップやソースとも、相性が抜群です。
唐辛子、レモン汁、塩、そして、サラダオイルを混ぜ合わせれば、おいしいドレッシングになります。
大根おろしと唐辛子を混ぜれば、“もみじおろし”になります。

また、「キムチ」を細かく刻んで、さまざまな料理にプラスするのもおすすめです。
例えば、オムレツ、餃子、ハンバーグなどが良く合います。

ただし、ダイエットや美肌に効果的だからといって、唐辛子を食べ過ぎるのは危険です。
唐辛子を摂取し過ぎたり、食べ過ぎたりすると、吹き出物ができたり、胃を荒らしたりする原因となります。
自分の体質や体調に合わせて、適量の唐辛子を摂取しましょう。

手づくり「コチュジャン」

「コチュジャン」の“コチュ”は唐辛子、“ジャン”は味噌のことです。
コチュジャンの本格的な作り方は、粉唐辛子、もち米の米麹、調味料などを合わせ、ゆっくりと発酵熟成させます。
でも、家庭では、「米こうじ味噌」を使えば、簡単にコチュジャンを作ることができます。
美容にも効果的なカプサイシンを含んだ、粉唐辛子を豊富に使用したコチュジャンを常備して、さまざまな料理に活用してください。
それでは、簡単コチュジャンの作り方を紹介します。

1、鍋に、米こうじ味噌600g、水あめ300g、醤油100cc、みりん350ccを混ぜ合わせて入れ、弱火にかけます。
2、なめらかに焦げないようにしゃもじで混ぜながら、フツフツと弱火で煮ます。
3、グツグツ煮立ってきたら、火を止めて、よく練り合わせます。
4、少しずつ粉唐辛子150gを加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせてください。
5、少しずつグラニュー糖80gを加えて、よく混ぜ合わせて仕上げます。
6、できた味噌を冷まして、保存容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。
2~3日寝かせれば、まろやかな辛味のコチュジャンの完成です。

できあがりのコチュジャンは、1kg以上の量になります。
必要に応じて、量を調整してください。

このコチュジャンに、みじん切りにしたネギと炒りごまを加えて、おにぎりや焼きおにぎりに付けると、とてもおいしいですよ。
また、コチュジャンに酢を加えて、きゅうりとたこの和え物にすれば、お酒のおつまみにピッタリです。
そのほかにも、コチュジャンは、炒めもの、鍋物、ご飯、麺類など、いろいろな料理に使えますよ。

「唐辛子クッキー」について

辛味成分の「カプサイシン」には、胃腸を活発に働かせ、効率よく消化・吸収する作用があります。
また、新陳代謝を高めるので、体内の余分な脂肪なども燃焼させて、体の外へ発散させる作用もあります。
つまり、カプサイシンを摂取することで、脂肪が付きにくく、効率的に燃焼させることができる体になるのです。

唐辛子を食べると、体が温まって汗をかきます。
これは、エネルギーが体内で燃焼しているからです。

今回紹介する「唐辛子入りクッキー」は、冷え症の悩みを抱えている人にもおすすめです。
このクッキーは、唐辛子による新陳代謝を促進する効果があり、その上、唐辛子を適量加えて作るので、カプサイシンを過剰摂取する心配もありません。

それでは、「唐辛子クッキー」(40個分)の作り方を紹介します。
1、全粒薄力粉120g、塩小さじ1、ベーキングパウダー小さじ1/2、粉唐辛子1/2を振るい合わせます。
そこに、アーモンドオイル大さじ1を入れて、ゴムべらで混ぜて、さらに冷水1/4カップを加えて混ぜます。

2、全体に水が行き渡ったら、手で生地をひとまとめにします。
そして、打ち粉をして、生地がなめらかになるまで軽くこねます。
暑さ1~2mmにのばして、オイルを半分に塗ります。

3、2を1/2に折りたたみ、オイルをまたその半分に塗って、再び折りたたみます。
そして、暑さ1~2mmにのばして、1×5cm程度の棒状に切って、180度に温めたオーブンで16分焼いたら、できあがりです。

唐辛子クッキーは、昼の12~1時、もしくは、3時のおやつに食べると効果的ですよ。

唐辛子とよく合う料理

カプサイシンを含む唐辛子と、相性の良い料理を紹介します。
唐辛子を摂取し過ぎると、体に悪影響を与える場合があります。
薬味として唐辛子を使用するのが、もっとも体に優しい食べ方でしょう。
そこで、おすすめの食べ方を紹介します。

温かいうどんやそばに、七味唐辛子や一味唐辛子を振りかけましょう。
焼き立ての焼き鳥に、七味唐辛子をパラパラと振りかけましょう。
納豆には、唐辛子と一緒に、ネギなどの薬味を入れると最高です。
焼肉には、タレに唐辛子を少量入れましょう。
水炊きなどの鍋物には、ごまだれやポン酢などのつけだれに、唐辛子を少量入れましょう。

また、イタリア料理には、スパゲティなどのパスタとよく合う「アラビアータ」があります。
「アラビアータ」は、唐辛子を使用したパスタ料理です。
スパゲティをからめたものを「スパゲティ・アラビアータ」、ペンネをからめたものを「ペンネ・アラビアータ」です。

それでは、「スパゲティ・アラビアータ」の作り方を紹介します。
1、フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切り10gと、半分に切った唐辛子2本を入れて、弱火で焦がさないように、じっくりと加熱します。
2、トマトの水煮缶1/2缶を加え、少し煮込んだら、少量の塩で味を調えます。
3、鍋にたっぷりのお湯を沸かして、沸騰したら、ひとつまみの塩を入れて、スパゲティ200gを茹でます。
4、スパゲティが茹で上がったら、できたソースによく絡めます。
お好みの皿に盛り付けたら、パセリ適量を上に飾って、できあがりです。

サプリメント「カイエン」

Nature's Way社が販売している、サプリメント「カイエン」を紹介します。
「カイエン」とは、日本語では「唐辛子」という意味で、ダイエットや健康の面で、さまざまな優れた効果があると、注目を集めています。
日本で唐辛子というと、辛味が特徴的な食材として扱われていますが、海外では、ハーブの1種として使用されている国も多いです。

カイエンに含まれている注目の成分は、「カプサイシン」です。
カプサイシンを含んでいる、唐辛子を使用した料理を食べると、汗が出てきたり、 体がぽかぽか温かく感じたりすることがあります。
唐辛子は、体内の代謝を活発にするので、ダイエットや冷え症に効果的だと言われています。

カイエンによるダイエットは、運動不足の人や、年齢が気になる人におすすめです。
体が温まると、体の中にある不必要なものに働きかけて、エネルギーとして効率的に使われるようになります。
また、カプサイシンは、比較的に即効性が高いので、運動を適度に行えば、さらにダイエット効果を期待できます。

さらに、カプサイシンは、乱れたヘアサイクルを整えるためにも、不可欠な成分です。
カプサイシンによって、髪の成長に欠かすことのできない栄養ルートを備え、必要な栄養を十分に補給できる状態にします。

カイエンの摂取目安は、1日3粒を目安として、食後に摂取しましょう。
過剰摂取すると、胃を荒らしてしまう危険があるので、摂取目安を必ず守ってくださいね。